海龍王寺について

本家本元お写経のすゝめ original home of "Shakyo"

般若心経の写経、本家本元の寺院

奈良時代、海龍王寺では般若心経の写経が盛んに行われていました。
この時、写された般若心経は海龍王寺の別称隅寺の名前を冠して隅寺心経と呼ばれており、奈良時代を代表する天平写経として多くの方々に珍重されてきました。

"Shakyo" is a Buddhist training of copying Buddhist scriptures to another paper.

A buddhist sutra is printed lightly on a sample copy so you can trace it.

隅寺心経(奈良市指定文化財/奈良時代)

令和の隅寺心経

現在隅寺心経と称される写経は、巷に多数存在しておりますが、正真正銘の隅寺心経は、海龍王寺に現存する隅寺心経であり、弘法大師筆とも称されています。
隅寺心経が写されてから1300年を経た今、正真正銘の隅寺心経をお手本に写経をしていただくことで古代の人と心を重ね、令和の隅寺心経として般若心経写経のルーツを後世に伝えるとともに、本堂を解体修理するための勧進写経にさせていただきたいと思います。

「令和の隅寺心経」のお手本
写経所

1紙 2000円(お手本・料紙1紙)

納経をご希望の方は、同封いたします封筒にてお送りください。

お手本は頒布いたしておりますので、遠方の方は、下記よりお申し込みください。
折り返し、送料を含んだ料金をお知らせさせていただきます。

海龍王寺
TEL 0742-33-5765 / FAX 0742-34-7443
メール sorato-uminokai@kairyuouji.jp

勧進のお願い

2018年の大阪府北部地震および経年劣化の影響が大きくなり、海龍王寺本堂は解体修理を要する事態となっており、皆様に勧進をお願いいたしております

お心を寄せていただけます方は、以下の口座に振り込みをいただければ幸いでございます。
般若心経写経発祥の寺院を後世に残すため、一人でも多くの方に、心を寄せていただけますことを切に願っております。

ゆうちょ銀行
記号番号 00960-0-212308
ゆうちょ銀行 〇九九(ゼロキュウキュウ)支店
当座 0212308
そらとうみの会