拝観案内&アクセス Access

拝観料一覧

開門時間

9:00~16:30 (特別公開時は9:00~17:00)

※16:30および17:00で退出していただきます

拝観料

大人500円 中高生200円 小学生100円
(特別公開時は 大人600円 中高生300円 小学生100円)

※8月12日~17日、12月24日~31日は、お寺の行事のため閉門いたしております。

参拝される方へ

現在の我々だけが良い状態で拝むことが出来れば良いというのではなく、後世の方々にも良い状態で拝んでいただけることを願っております。
また、おひとりでお参りいただきました方も、グループでお参りいただきました方々にも、海龍王寺だけが持つ雰囲気を 感じていただきながらお参りをいただきたいと思いますので、記しました注意事項をお守りいただけますようお願いいたします。

  • ・仏教の教えは「あなたもわたしも」です。「己が我が」という気持ちを静めて、譲り合ってのお参りをお願いいたします。
  • ・防犯上、開門時間前および閉門時間を超えての拝観はお断りいたしております。
  • ・本堂内でのライトの使用および、撮影は厳禁とさせていただきます。 お守りいただけませんと、現在のような「近くでの拝観を取り止める」ことになります。
  • ・境内・敷地内での飲食。グループでのスケッチ・写生・撮影は、他の参拝の方々に差し障りがございますので、お断りいたしております。
  • ・ご朱印帳の取り違えがございますので、帳面には必ずお名前を記していただけますようお願いいたします。
  • ・文化財の保護上、台風などの悪天候時は、拝観をお休みさせていただくことがございます。

海龍王寺へのアクセス

〒630-8001 奈良県奈良市法華寺北町897 TEL:0742-33-5765 / FAX:0742-34-7443
駐車場あり 10台(バスの駐車に関しては事前に連絡をお願いします)

電車&バスでお越しの場合
  • ・近鉄奈良駅(13番乗り場)より奈良交通バス「大和西大寺駅・航空自衛隊前」行きで法華寺前下車、徒歩すぐ
  • ・JR奈良駅(西口15番乗り場)より奈良交通バス「大和西大寺駅・航空自衛隊前」行きで法華寺前下車、徒歩すぐ
  • ・近鉄大和西大寺駅(北側バスターミナル)より奈良交通バス「JR奈良駅」行きで法華寺前下車、徒歩すぐ
徒歩でお越しの場合
近鉄新大宮駅より徒歩約15分
お車でお越しの場合
  • ・京奈和自動車道「木津インター」より国道24号線を南進、法華寺東を右折・西進
  • ・第二阪奈道路「宝来インター」より阪奈道路を東進、奈良市役所前を左折・北進
  • ・西名阪自動車道「郡山インター」より国道24号線を北進、菰川橋南詰を左折・北進

団体参拝についての
お願い

海龍王寺は、おひとりでご参拝の方にも、団体でご参拝の方にも同じように、海龍王寺が持つ雰囲気を味わっていただきながら拝観をしていただきたいと考えております。

雰囲気を壊すことなくご拝観をいただけますように、お寺でも細心の注意を払っておりますが、団体参拝が重なった場合の時間調整や事故の防止に加え、おひとりでご拝観の方にも配慮が必要ですので、以下に記しました事項を、お守りいただけますようお願いいたします。

春と秋の特別公開時は、本堂内が大変混雑いたします。
混雑した状況で、講師の先生による長時間の解説および、御寺院様による長時間の読経は、他の参拝の方々に支障をきたす恐れがございます。

恐れ入りますが、解説および読経は2~3分以内にしていただけますようお願いいたします。
※本堂内の撮影および、仏像にライトを当てることは禁止しております。ライトを当てられたり、無断での撮影をされますと、現在のような近くでの拝観を取りやめることとなります。

特別公開時の開門時間中は、電話がつながりにくくなっております。お問い合わせ、および拝観の申し込みは、2週間前までにご連絡をいただき、念のため FAX 0742-34-7443 もしくはメールをお送りいただきますようお願いいたします。

説明の有無および、観光バスの駐車場所の連絡と確保。
他団体と重なった場合の時間調整が必要となるケースがございますので、必ず前もってのご連絡をお願いいたします。

団体参拝における、
観光バスの駐車場所につきまして

海龍王寺へ観光バスで拝観をされる方へ、駐車場所のご案内をさせていただきます。
なお、駐車にあたりましては、必ず事前に海龍王寺まで連絡をいただけますようお願いいたします。
駐車場へ進入される際は、警備員の指示に従っての駐車をお願いいたします。
※駐車場は午前9時~午後5時までとなっております。

  • (1) 海龍王寺の前にて、お客様にバスから降りていただき、ひとつ目の信号を左折していただき西進します。
  • (2) 600メートルから700メートル走りますと、歩道とフェンスが切れておりますので、左折にて遺構展示館の駐車場へ進入してください。
  • (3) 拝観が終わりましたら、海龍王寺から道路の向かい側に渡り、集合された時点でバスに連絡を取りバスが迎えに来た時点で乗車します。